<成人式>震災乗り越え二十歳の旅立ち

2016年01月06日

46枚目/62枚中

<宮城県気仙沼市>式典は気仙沼市民会館であり、市外に転出した出身者を含め、670人が出席した。新成人を代表し、南三陸町職員松本裕生さん(19)=同市本吉町=が誓いの言葉を述べた。松本さんは東日本大震災で農協職員だった父伸さん=当時(42)=を亡くした。式には津波到達時刻の「(午後)3時42分」を指したままの形見の腕時計を着けて臨んだ。松本さんは「震災を経験した私たちは、どんな壁にぶつかっても乗り越える力がある」と決意表明新成人を代表し、決意の言葉を述べる松本裕生さん(左)と佐藤幸さん=2016年1月10日、宮城県気仙沼市の気仙沼市民会館

最新写真特集

記事データベース

企画特集

先頭に戻る