<成人式>震災乗り越え二十歳の旅立ち

2016年01月06日

23枚目/62枚中

<宮城県女川町>宮城県女川町の成人式は、同町のホテル華夕美であり、新成人78人が出席した。同町では成人を迎えるはずだった男女2人が津波の犠牲となった。立教大2年阿部和好さん(20)は震災で、母きよ子さん=当時(58)=と自宅を失った。親を亡くした子どもに奨学金を支給する基金などの支援を受ける。新成人を代表し「大切な家族がいて帰る家がある日常が、当たり前ではないことを学んだ。同じ境遇の震災遺児に夢を届ける活動をしたい」と抱負を語った。中学時代の思い出の映像に、笑顔を見せる新成人たち=2016年1月10日、宮城県女川町浦宿浜天王のホテル華夕美

最新写真特集

記事データベース

企画特集

先頭に戻る