<ご当地グルメ>東北の隠れた庶民の味

2015年09月17日

76枚目/89枚中

<みちのく真田弁当>NHK大河ドラマ「真田丸」の放映に合わせ、主人公真田幸村の子女が暮らした宮城県白石市と蔵王町、秋田県由利本荘市でつくる観光振興協議会と日本レストランエンタプライズ(NRE)が販売した。旗印の「六文銭」、幸村の赤備えを連想させる六つの仕切りに白石温麺(うーめん)を使った郷土料理「おくずかけ」風の炊き合わせ、蔵王特産のカモつくね、こんにゃく煮、秋田みそなどで漬け込んで焼いたタラなど3市町の味を詰め込んだ。縁起物の栗、保存の利く梅干しも入れ「戦飯(いくさめし)」の要素も採用した

最新写真特集

記事データベース

企画特集

先頭に戻る