<ご当地グルメ>東北の隠れた庶民の味

2015年09月17日

44枚目/89枚中

<バリコロ焼き>秋田市河辺雄和地域のご当地グルメ。2011年に河辺雄和商工会青年部が開発した。河辺大張野(おおばりの)地区で飼育される「大張野豚」をサイコロ状に切って提供するため、この名が付いた。肉を鉄板で焼き、地元産の刻みネギと塩だれを掛けるのがオリジナル。食べ歩きキャンペーンの試食会には、肉を揚げてネギソースをかけた「バリコロ唐(から)・ネギソース」(手前)や、特製ダレで焼いた肉にとろろを掛けた丼、デミグラスソース煮込み、トマト風味の酢豚など個性豊かな新メニューが登場。参加者は「肉が軟らかくておいしい」と味に太鼓判を押した。

最新写真特集

記事データベース

企画特集

先頭に戻る