<ご当地グルメ>東北の隠れた庶民の味

2015年09月17日

32枚目/89枚中

<なんこ鍋>秋田県北秋田市阿仁地区の馬肉料理。国内有数の銅山だった阿仁鉱山にまつわる郷土食。馬肉や馬ホルモンをショウガやニンニクを加えたしょうゆ味のスープでじっくり煮込んだ。同地区の精肉店などで提供されている。発祥は明治期で病気の鉱山労働者が、沢に転落して息絶えた馬の肉を煮込んで食べたら元気になったのが始まりとされる。料理名は十二支の午(うま)が南を示すことから「南向」の呼び名が生まれ、「なんこ」に転じたとされる。レトルトパックも販売されている。

最新写真特集

記事データベース

企画特集

先頭に戻る