<ご当地グルメ>東北の隠れた庶民の味

2015年09月17日

21枚目/89枚中

<気仙沼ホルモン>宮城県気仙沼市のピリ辛みそ味のホルモン焼き。ニンニク入りのみそだれに漬け込んだ小腸やハツ、レバーなど生の豚モツを焼き、千切りキャベツと一緒に好みでウスターソースや、しょうゆをかけて食べる。市内の飲食店や精肉店で扱う。1950年代ごろから続く港町気仙沼の隠れた名物。キャベツと食べるようになったのは、生野菜が不足しがちな漁船員が一緒に注文したのが始まりという説がある。

最新写真特集

記事データベース

企画特集

先頭に戻る