<ご当地グルメ>東北の隠れた庶民の味

2015年09月17日

12枚目/89枚中

<神代カレー>秋田県仙北市のご当地メニュー。カレー粉と小麦粉を混ぜ合わせ、魚肉ソーセージなどが入った「昔風」、デミグラスソースを加えて豚肉などを煮込む現代風という、2種類のカレーをあいがけにした。昔風はウスターソースをかけるとこくが増す。ご飯は地元産あきたこまち。上の温泉卵を崩して混ぜると一層味わい深い。2005年12月に発足した神代地域活性化推進協議会がコメの消費拡大を目的に考案した。年配の住民が覚えていた、カレー粉と小麦粉で作る1950年代後半のカレーがヒントになり、今昔を一皿で味わえるカレーが誕生した。市内の道の駅「あに」など複数の飲食店で食べられる。

最新写真特集

記事データベース

企画特集

先頭に戻る