<ご当地グルメ>東北の隠れた庶民の味

2015年09月17日

10枚目/89枚中

<石川蕎麦やきそば>そば粉を熱湯と豆乳で練り上げる独特の製法で知られ、300年以上の伝統を誇る秋田県八峰町の石川そばを使った焼きそば。2010年に考案された。そばの風味を生かすため、あっさり味のしょうゆだれに仕上げる。具は特産のシイタケのほか、白神ねぎ、キャベツ、ニンジンなど野菜のみ。太めのそばの軟らかい食感と野菜のしゃきしゃきした食感が絶妙。道の駅「みねはま」で販売されている。

最新写真特集

記事データベース

企画特集

先頭に戻る