<ご当地グルメ>東北の隠れた庶民の味

2015年09月17日

8枚目/89枚中

<鮭子(おやこ)焼きそば>東日本大震災で被害を受けた岩手県大槌町吉里吉里地区の漁家の女性グループ「マリンマザーズきりきり」が考案した、県産サケやイクラを使い、仮設食堂「よってったんせぇ」でサケの収穫期に合わせて提供。生サケとキャベツ、タマネギなどの具と麺をオリーブ油で炒め、イクラを載せる。昆布だしの風味で、サケの皮の香ばしさが特長だ。

最新写真特集

記事データベース

企画特集

先頭に戻る