登録有形文化財 東北から6件・文化審答申

2015年03月14日

5枚目/6枚中

旧丸中横仲商店(長井市)/市街地に残る土蔵群

 最上川舟運で栄えた長井市の市街地に残る江戸末期から昭和前期に建造された土蔵群。旧丸中横仲商店は小麦、砂糖、食品、酒などの卸売りや質屋を営んだ商家で、通りに面する店舗と奥の母屋、その奥に砂糖蔵、土蔵、質蔵、粉蔵、江戸蔵の5棟が3列に建つ。 全体的に装飾が少ないが、土蔵や質蔵には黒しっくいが使われ、細部の意匠が凝っている。砂糖蔵は桁行きが約12メートルに及ぶ大型の蔵だ。

【写真】旧丸中横仲商店の土蔵群。左から砂糖蔵、質蔵、江戸蔵(長井市教委提供)

最新写真特集

記事データベース

企画特集

先頭に戻る