登録有形文化財 東北から6件・文化審答申

2015年03月14日

3枚目/6枚中

山形鉄道フラワー長井線(長井市など)/窓枠は100年前のまま

 旧国鉄長井線の木造駅舎。山形鉄道が経営を引き継いだ今も現役の無人駅として活躍する。西大塚駅(川西町)は開業前年の1913年(大正2年)建築。木製の窓枠、切符販売のカウンターなどは当時のままで、石造り谷積みのプラットホームも残る。 羽前成田駅(長井市)は長井-鮎貝間が開業した1922年(大正11年)に建築された。出札口など随所に幾何学模様の意匠が施された特徴的な建造物だ。

【写真】山形鉄道フラワー長井線羽前成田駅(長井市教委提供)

最新写真特集

記事データベース

企画特集

先頭に戻る