<高校バレー>盛岡誠桜、流れつかめず敗戦

2018年01月06日

1枚目/1枚中

盛岡誠桜-富山第一 第1セット、スパイクを打つ盛岡誠桜・佐々木=2018年1月5日、東京体育館

 バレーボールの全日本高校選手権第2日は5日、東京体育館で2回戦が行われ、男子の仙台商が県岐阜商をストレートで下し3回戦へ進んだ。
 女子は盛岡誠桜(岩手)が富山第一に、郡山女大付(福島)は柏井(千葉)にそれぞれストレート負けを喫したが、由利(秋田)は都城商(宮崎)に快勝した。

 ▽女子2回戦
柏井(千葉) 2/25-16/0 郡山女大付(福島)
         25-19

富山第一   2/25-20/0 盛岡誠桜(岩手)
       25-21

由利(秋田) 2/25-13/0 都城商(宮崎)
         25-17

 盛岡誠桜はストレートで敗退した。伊藤監督は「うまく波に乗れなかった故に崩された。流れがつかめそうでつかめなかった」と敗因を分析した。
 2セットとも競り合いに持ち込んだが、一押しが足りなかった。第2セットは15-11とリードしながら、ラリーで屈した。「相手が慌てて攻撃が単調になるぐらいリードできれば良かったが」と伊藤監督。エース佐々木も「自分の強打が物足りなかった」と調子を取り戻せなかったことを嘆いた。
 エースの無念は在校生が晴らす。今大会を経験した向井、橋本らが残る新チームに、伊藤監督は「面白くできそうな気がする」と期待した。

最新写真特集

記事データベース

企画特集

先頭に戻る