写真で振り返る宮城の平成30年

2018年01月05日

26枚目/29枚中

<平成26年(2014年)医学部新設、東北薬科大に>文部科学省の有識者審査会は8月28日、東日本大震災からの復興支援のため、東北地方に1校だけ新設する医学部の設置者に東北薬科大(仙台市青葉区)を選定した。新医学部の構想募集には、宮城県と脳神経疾患研究所(郡山市)も応募した。審査会は薬科大の構想を「最も具体的」と評価。応募締め切り直前に名乗りを上げた宮城県の宮城大などを退けた。わが国の医学部新設は1979年の琉球大以来。薬科大では2016年春の開学を目指して急ピッチで準備作業が進む。大学名は「東北医科薬科大」に改称し、入学定員は東北出身者限定の復興支援特別枠20人を含む120人の予定【写真】東北6県の関係団体が新医学部の具体像を話し合う運営協議会=2014年11月11日、仙台市青葉区のホテルメトロポリタン仙台

最新写真特集

記事データベース

企画特集

先頭に戻る