写真で振り返る宮城の平成30年

2018年01月05日

21枚目/29枚中

<平成21年(2009年)仙台市長に奥山氏 東北初の女性市長誕生>任期満了に伴う仙台市長選(7月26日投票)は、再選を目指した現職の梅原克彦氏が告示直前に立候補を見送る異例の構図となった。前副市長の奥山恵美子氏が当選し、新市長に就任。東北初、全国の政令市でも初めての女性市長が誕生した。仙台市政は昨年末から、梅原氏によるタクシー券の不適正使用問題をめぐって混乱が続いた。市議会は6月、問責決議案を可決。梅原氏はいったん立候補を表明したが、厳しい世論にさらされる形で出馬断念に追い込まれた。奥山氏は3月、梅原氏との政治手法の違いを理由に副市長を辞職し、6月に立候補表明。民主、社民両党県連に加え、自民党系を含む半数以上の市議が支援。「梅原市政の継承」を掲げた前副市長の岩崎恵美子氏ら6新人の争いを制した【写真】初当選を決め、支持者から花束を受け取る奥山氏=2009年7月26日、仙台市青葉区

最新写真特集

記事データベース

企画特集

先頭に戻る