写真で振り返る宮城の平成30年

2018年01月05日

18枚目/29枚中

<平成18年(2006年)東北楽天がドラフトで田中将大投手獲得>名将・野村克也新監督を迎え、2年目のシーズンを戦った東北楽天ゴールデンイーグルス。成績は47勝85敗4分けで2年連続のパ・リーグ最下位に終わったが、3年目となる来季に向けて大きな新戦力を獲得した。補強の目玉は、高校生ナンバーワンの田中将大投手(北海道・駒大苫小牧)。全国高校野球選手権決勝で、斎藤佑樹投手擁する早実(東京)と死闘を繰り広げた「北の怪物」だ。4球団が1巡目指名した9月の高校生ドラフトでは、島田亨球団社長が交渉権を引き当てた。「いずれは球界を代表する投手に」と意気込む背番号18に、ファンの期待も膨らんだ【写真】入団会見で両親と記念撮影する田中投手=2006年12月16日、仙台市青葉区のホテル

最新写真特集

記事データベース

企画特集

先頭に戻る