写真で振り返る宮城の平成30年

2018年01月05日

5枚目/29枚中

<平成5年(1993年)全国高校駅伝で仙台育英が、大会史上初めてアベック優勝>男子第44回、女子第5回の全国高校駅伝競走大会は12月26日、京都市で行われ、ケニアからの留学生を擁する仙台育英が男女とも1区から首位を走って、それぞれ初優勝した。男子は7区間42.195キロを2時間5分25秒と歴代3位、女子は5区間21.0975キロを1時間7分32秒と高校最高記録だった。女子の二階堂邦博監督が兄、男子の勉監督は弟。兄弟監督で達成したダブル優勝としても話題をまいた【写真】仙台育英の二階堂邦博・女子監督を胴上げする男女陸上部員=1993年12月26日、京都市・西京極陸上競技場

最新写真特集

記事データベース

企画特集

先頭に戻る