<全国高校サッカー>仙台育英 得意のセットプレーが威力発揮

2018年01月01日

1枚目/6枚中

【仙台育英3―2高松商】後半終了間際、ハットトリックとなる決勝ヘッドを決めた仙台育英・佐藤一(左)=ニッパツ三ツ沢球技場(佐藤琢磨撮影)

 仙台育英は磨きに磨いてきたセットプレーが威力を発揮した。3得点は全てFKが起点となり、佐藤一が押し込んだ。「常にいいボールを上げてくれるから、自分はゴールに集中できる」。仲間との信頼があってこそ成し遂げたハットトリックだった。
 キッカーとの信頼関係が強みだ。前半の2得点は主将の石川からのボール。「佐藤一はうちの武器。中に落とせば確実に決めてくれる」。混戦からのこぼれ球を押し込んだ。
 後半ロスタイムの決勝点は貝森から。ゴールに向かって右45度のFK。左足から繰り出されたボールに対して、DF2人を巧みにかわし、高い打点のヘッドで合わせた。「状況に応じて理想のボールが来る」と佐藤一。練習時間の半分をセットプレーに費やしてきた成果が出た。
 佐藤一は夏場にスランプに陥り、一時レギュラーを外れたことがあった。元々天才肌の選手。「きれいなゴールにこだわり過ぎてしまった」。チームメートの励ましを受けて立ち直った。
 選手権の初戦、泥くさく挙げた1、2点目は成長の証しだ。(山本武志)

最新写真特集

記事データベース

企画特集

先頭に戻る