<楽天>V奪還へ 秋季練習始まる「実りある秋に」

2017年10月31日

4枚目/6枚中

秋季練習が始まりランニングで汗を流す東北楽天の藤平(右)と三好=2017年10月30日、仙台市宮城野区のコボパ宮城

 東北楽天の秋季練習が30日、仙台市のコボパ宮城で始まった。クライマックスシリーズ(CS)後、1週間の休日を挟んでの練習再開となった。
 秋季教育リーグに参加している若手選手らを除く25人が参加。ストレッチやランニングで約1時間半、体を動かした。秋季練習は体力強化のメニューが中心の予定。梨田昌孝監督は「個々のレベルアップを図るため、課題を持って練習に取り組んでほしい。実りある秋にしたい」と話した。
 今季は4年ぶりのAクラス(3位以内)となる3位で終えたものの、後半戦の大きな連敗で優勝争いから後退した。梨田監督は就任3年目の来季に向け、「連敗をいかに少なくするかが優勝への近道。連敗をしないチームづくりが大事になる」と語った。
 秋季練習は11月5日までで、2日が休み。参加選手の一部は終了後、岡山県倉敷市での秋季キャンプに合流する予定。

最新写真特集

記事データベース

企画特集

先頭に戻る