<楽天>鳥の大群 チーム救う?中断、再開 4点差追い付いた!

2017年08月31日

7枚目/7枚中

【東北楽天8-8西武】鳥の大群が球場に迷い込み、照明を暗くして飛び去るのを待つ選手たち=2017年8月30日午後9時55分ごろ、仙台市宮城野区のkoboパーク宮城

 仙台市宮城野区のKoboパーク宮城(コボパ宮城)で30日夜に行われたプロ野球の東北楽天-西武で、降雨のため試合が中断中にグラウンドに野鳥の群れが飛来し、プレーが再開できない珍事があった。
 鳥の群れは午後9時半ごろに飛来し、グラウンドすれすれを旋回し始めた。9時45分ごろに雨が上がり、西武ナインが守備位置に就いても群れは去らず、選手が身をかがめて避けるような状況に。
 球場係員が追い掛けたり、笛を鳴らしたり、花火を上げたり、ドローンを飛ばしたりして追い払おうとしたが、効果なし。最後は球場の照明灯を落として真っ暗にすると、飛来から約30分後に飛び去り、ようやくゲームが再開された。再開後の八回裏、東北楽天は4点差を追い付き、試合を引き分けに持ち込んだ。
 鳥はチドリの仲間とみられる。東北楽天の梨田昌孝監督は「現役時代を含めて初めての経験。ちょっとびっくりした。見た人も忘れられないでしょう」と驚いた様子だった。

最新写真特集

記事データベース

企画特集

先頭に戻る