<仙台七夕まつり>年に一度…邪魔しないで 台風5号の影響でイベント中止も

2017年08月08日

2枚目/8枚中

仙台市内の各地の商店街を彩る七夕飾りを巡るバスツアーが仙台七夕まつりに合わせて7日に開かれ、二手のコースに分かれて約60人が参加した=2017年8月7日午前10時40分ごろ、宮城野区原町

 二十四節気の一つ「立秋」の7日、仙台七夕まつりは2日目を迎えた。台風の影響から小雨が降るあいにくの空模様の中、主会場の仙台市中心部では観光客らが思い思いに七夕見物を楽しんだ。
 平日とあって午前は人出が落ち着いていたが、夕方には大勢の見物客が傘を手に繰り出し、雨の当たらないアーケード街に集まって竹飾りを眺めた。千葉県松戸市の会社員広誠一さん(42)は「吹き流しが風にたなびく様子が優雅で素晴らしい」と話した。
 主催するまつり協賛会は最終日の8日、台風5号の接近に備え、勾当台公園市民広場で予定していた全イベントや高校生のボランティア活動を取りやめる。強風で七夕飾りが倒れないよう補強するなど、各商店街に安全対策の徹底を呼び掛けた。
 仙台七夕まつりは1989年にも、台風の影響でパレードが全面中止になった。

最新写真特集

記事データベース

企画特集

先頭に戻る