<楽天>今季初先発の福田が適時打

2017年07月30日

1枚目/1枚中

4回楽天2死二塁、福田が左前に適時打を放つ=京セラドーム

 東北楽天の福田が8番右翼で今季初めて先発出場。四回2死二塁で左前に一時勝ち越しとなる適時打を放ち、「自分の気持ちが通じたのか、打球が三遊間を抜けてくれてよかった」と笑顔を見せた。
 フルカウントから山岡が投じた外角低めのスライダーをバットの先でしぶとく捉えた。「当てれば何かが起こる」と必死に食らい付き、ゴロで左前に運んだ。
 同じ外野手のペゲーロ、岡島の負傷離脱で26日に今季初の1軍昇格。約1年2カ月ぶりの先発出場に「前夜は眠りにつけなかった」と言う。優勝争いを繰り広げるチームにあって「僕にとっては今がチャンス。最後まで1軍に残りたい」と奮闘を誓った。

最新写真特集

記事データベース

企画特集

先頭に戻る