<楽天>したたか 雨脚にらみ4回一挙4点

2017年07月05日

1枚目/1枚中

4回東北楽天2死満塁、島内が中前に適時打を放つ

 台風による雨脚が強くなり始めた四回、東北楽天打線が降雨コールドゲームも視野に入れたしたたかさを見せて、一挙4点を勝ち越した。六回表を終えた後に試合が中断し、そのまま終了。梨田監督は「いつ(試合続行できないほどに)降り出すかという中で、1点でも多く取れてよかった」と頬を緩めた。
 銀次、アマダーの連打などによる2死一、三塁から嶋が四球を選んで満塁となったところで梨田監督が勝負手を打った。体重135キロの二走アマダーの代走に松井稼を送ったのが、大量点を狙う号令になった。
 三好が右前へ、島内が中前へ、ペゲーロが左前へと3連続適時打を放ち一挙4点を奪った。「稼頭央さんが塁に立ち、早めに勝負を決めようと思った」。松井稼を生還させる一打を放った島内はこう振り返った。
 1番遊撃で攻守に重要な役割を果たしていた茂木が負傷で離脱し、首位を争うソフトバンクに前カードで負け越した。その嫌な流れを振り払う勝利を代役コンビの活躍で手にした。
 「茂木の代役は大変だが、チーム打撃に徹した」と遊撃の三好。1番の島内は「ソフトバンクに負けた悔しさを晴らしたかった。(9番の)三好が頑張ったおかげで、楽に打てた」と応じた。首位堅持の正念場で踏ん張る若武者たちの姿が頼もしい。(金野正之)

最新写真特集

記事データベース

企画特集

先頭に戻る