<楽天>打線形無し 小笠原を攻めきれず

2017年06月03日

1枚目/1枚中

4回、2死一、三塁の好機に見逃し三振に倒れた東北楽天・岡島

 東北楽天打線は中日の先発小笠原を攻め切れなかった。おととし夏の甲子園大会優勝投手の2年目左腕に5回2安打無得点と封じられ、梨田監督も「スピード表示以上に球が走っていたし、フルカウントから際どいコースを突かれた」と脱帽した。
 今季3度目の先発でプロ初勝利を目指す古川が四回まで無失点の好投を見せる中、先制機は二度あった。二回2死一、二塁で足立は力なく左飛。四回2死一、三塁では岡島が外角ぎりぎりの厳しいコースに直球を投げ込まれ、見逃し三振に倒れた。
 共にフルカウントまで粘りながらも、要所をうまく締められた格好だ。礒部打撃コーチは「外角を軸に攻めてきている。腰の高さの球をセンター方向に」と指示したが、最後まで攻略の糸口をつかめなかった。3三振を喫した茂木は「真っすぐが力強く、思ったより角度もあった。初めての対戦で後手に回ってしまった」と反省した。
 中日投手陣を打ち崩せないまま迎えた0-6の九回に島内が右翼席へ意地の3ランを放ち、今季初の零敗は阻止した。「大敗するところだったが、最後に何とか点を取れた。これで次戦につながった」と池山チーフコーチ。今季初の6連勝は逃したが、敗戦の中にも光明はあった。(佐々木智也)

最新写真特集

記事データベース

企画特集

先頭に戻る