<楽天>勝負の分かれ目でみすミス逸機

2017年05月14日

1枚目/1枚中

2失点した1回を終え、マウンドを引き揚げる東北楽天・美馬

 5月はここまで8勝1敗と波に乗るソフトバンクを相手にした首位攻防第1ラウンド。「熊本を、野球で元気に!」と両軍とも緑のリストバンドを付けて張り切ったが、相手に気押されたように、勝負の分かれ目で小さなミスが出た。
 今季初めて一回に失点する波乱の滑り出し。守備で勝負の分かれ目となったのが、無死一塁から美馬のバント処理だった。今宮が転がした球を捕り、二塁封殺を狙ったまではよかったが、茂木の手前でワンバウンドする悪送球。続く柳田の先制2点二塁打につながった。美馬は「捕球で突っ込みすぎ、取りにくい球を投げてしまった」と申し訳なさそうな顔をした。
 それでも美馬は5回2失点と粘っただけに、六回にようやく初安打の打線が物足りなかった。「追い付き、追い越せなかった」と梨田監督が嘆いた場面が、2点を返して1点差に迫った八回1死一、三塁だ。犠飛でも同点の絶好機でウィーラーは投ゴロ。さらに2死一、二塁で、アマダーが3ボールから外角の甘い変化球を打ちにいって力ない遊ゴロに終わった。
 特に6戦ぶりに4番復帰したアマダーに、指揮官は「『打て』のサインではあったが、もう少しいい当たりにしてくれないと」。池山チーフコーチも「甘い変化球が頭になかったようだ」と嘆いた。(金野正之)

最新写真特集

記事データベース

企画特集

先頭に戻る