<楽天>ベンチの作戦不発 手痛い敗戦

2017年05月10日

1枚目/15枚中

【東北楽天4―6ロッテ】4回ロッテ2死一、二塁、荻野(左)に2点二塁打を打たれ、打球の行方を見る東北楽天・辛島=2017年5月9日、コボパ宮城(川村公俊撮影)

 終盤に4得点で追い上げただけに、東北楽天ベンチの作戦が不発に終わって5点差に突き放された四回が悔やまれる。2死一、二塁から、辛島が荻野、伊志嶺の連続長打で3失点。ともに通常の守備位置なら難なく取れそうな打球だったが、前進守備の指示を受けていた左翼岡島の頭を越えられた。
 二回1死一、三塁、島内の一ゴロでウィーラーが本塁を突き、先制したはずだった。それがリプレー検証の結果、幻に終わると嫌な雰囲気が漂い始める。
 0-2の三回に反撃機を逸し、迎えた四回のピンチで梨田監督は「今日のチェンは腕が振れている。3点目はやれない」と、単打でも本塁生還を阻む守備を指示した。「左翼からの逆風だったので、外野の頭を越されることはない」という森山外野守備走塁コーチの分析も踏まえたが、裏目となった。
 終始制球が甘かった辛島も誤算。三回に変化球で細谷に2点三塁打を許し、四回の2長打も高めの球を痛打された。「ゴロを打たせていれば、四回の失点はなかった」と反省した通り、低めの誘い球を使った本来の打たせて取る投球ができなかった。
 足元のソフトバンク、オリックスが直接対決している中、最下位ロッテをたたいて首位固めをしたかった。それだけに手痛い敗戦だ。(金野正之)

最新写真特集

記事データベース

企画特集

先頭に戻る