<楽天>今季最多の20安打

2017年05月07日

1枚目/1枚中

1回東北楽天1死満塁、聖沢が左越えに2点二塁打を放ち、3-0とする

 東北楽天打線が今季最多の20安打と爆発し、停滞気味だった直近5試合分の総得点に当たる10点を奪って快勝した。開幕から25試合固定した2番ペゲーロ、3番ウィーラー、4番アマダーの打線を組み替え、3番に島内を抜てきしたてこ入れが奏功。2位との差を今季最大の3.5に広げた。
 一回から畳み掛けた。1死からペゲーロ、島内、ウィーラーの新2、3、4番の3連打で先制し、四球を挟んで聖沢、岡島の連続2点適時打で計5得点。立ち上がりに制球が定まらなかった野上の失投を各打者が確実に捉え、一気に試合の行方を決定づけた。
 「3番は一回から絶対に打席が回ってくるから準備しやすい。それで積極性が出た」と島内。八回にもダメ押しの右越え2ランを放ち、3安打3打点と主軸の役割を果たした。
 5日の試合後に首脳陣が話し合い、4三振したアマダーの先発落ちを決定。腰痛のペゲーロを代わりの指名打者にし、聖沢を1カ月ぶりに先発起用した。その聖沢も3安打2打点。池山チーフコーチは「みんないい結果を出してくれて良かった」とたたえた。
 聖沢は「自分のアピールよりも、外野の4番手としてチームが厳しい時に穴を埋めたいという気持ちが強い」と献身を口にする。誰かが抜けても補える層の厚さとチームワークは、実に頼もしい。(浦響子)

最新写真特集

記事データベース

企画特集

先頭に戻る