<楽天>美馬力投 4勝目

2017年05月07日

1枚目/1枚中

8回2失点と力投し、負けなしの4勝目を挙げた東北楽天先発の美馬

 東北楽天先発の美馬が8回4安打2失点の力投でチームトップの4勝目を挙げた。打線の大量得点に後押しされ「長い回を意識した。楽に投げられた」と納得の表情で振り返る。
 直球とカーブの緩急を生かし、テンポ良くアウトを重ねた。一発のある3番浅村から6番メヒアまでに対しては、厳しく内角攻め。味方の好守もあり、相手の得点源を完璧に封じた。
 「付きまとっていた苦手意識を今年で払拭(ふっしょく)したい」と相性が悪い西武の本拠地マウンドに上り、プロ1年目の2011年6月27日以来の勝ち星。先発では初めて勝利投手になった。
 「今までは四球絡みで大量失点して交代することが多かった。それをなくしたかった」。ストライク先行の投球でオリックスとの開幕戦以来の無四球と安定感も光った。
 今季、先発した6試合はいずれも5回以上を投げ、3失点以内。「我慢して投げれば野手陣が点を取ってくれる」と言う開幕投手の踏ん張りが、チームの快進撃を支えている。
(剣持雄治)

最新写真特集

記事データベース

企画特集

先頭に戻る