<龍泉洞>復活のドラゴンブルー 澄み渡る

2017年05月03日

1枚目/3枚中

鍾乳洞にできたドラゴンブルーに輝く地底湖を見る観光客=2017年5月2日午前11時ごろ、岩手県岩泉町の龍泉洞

 昨年8月の台風10号豪雨被害から復活した岩手県岩泉町の鍾乳洞「龍泉洞」が、大型連休に入って連日、にぎわっている。好天に恵まれた2日も県内外から観光客が訪れ、澄み渡った地底湖に歓声を上げた。
 台風豪雨で地底湖は、水かさが6メートル以上増したものの鍾乳石に大きな被害はなく、当初濁っていた水も本来の透明度を取り戻した。
 照明などが破損したため長期閉鎖を余儀なくされたが、3月に営業を再開。以来、入場者数は平年の1.5倍以上で推移している。
 兵庫県姫路市から訪れた会社員川上孝さん(67)は「地底湖がきれいで来たかいがあった。復興はまだまだ大変そうだが、力強く頑張っているのが伝わってくる」と話した。
 龍泉洞は国の天然記念物で日本三大鍾乳洞の一つ。営業時間は午前8時半~午後6時。年中無休。入場料は1000円(小中学生500円)。

最新写真特集

記事データベース

企画特集

先頭に戻る