<楽天>今季初の連敗 継投策が裏目

2017年04月22日

1枚目/1枚中

6回途中、降板する東北楽天先発の釜田。右は捕手嶋

 2試合連続で、延長十二回までもつれ込んだ末に東北楽天はサヨナラ負けを喫した。最後は8番手青山が1死満塁からデスパイネに中犠飛を打たれてゲームセット。今季登板した3試合でいずれも失点と精彩を欠く右腕は「技術不足。最後まで頑張ってつないでもらったのに、チームに申し訳ない」と肩を落とした。
 五回までに3点を先取し、先発釜田も1安打無失点。理想的な勝ち展開の試合を落とした伏線は六回にさかのぼる。
 2死走者なしから釜田が四球と内野安打で走者を得点圏に背負ったところで「傷口を広げる前に」(与田投手コーチ)と救援陣にスイッチ。だが左のワンポイントの2番手高梨が柳田に四球を与え、さらに3番手福山が適時打2本を浴びて同点に。この継投策が結果的に裏目に出た。
 「ボールが高かったし、脚がつったのもあって早めに処置した」と梨田監督。六回途中2失点での降板となった釜田は「ああいう形は悔いが残る。リリーフの皆さんにも申し訳ない」と悔やんだ。
 今季最長の4時間50分を戦い抜き、ベンチ入りした9投手中8人をつぎ込んでの敗戦。それでも梨田監督は「いい試合ができているから十二回まで来ている。いい方向に捉えたい」と切り替えた。(浦響子)

最新写真特集

記事データベース

企画特集

先頭に戻る