<楽天>ペゲーロが逆転弾

2017年04月03日

53枚目/57枚中

【東北楽天5-4オリックス】9回東北楽天2死二塁、逆転2ランを放ったペゲーロが天を指さしながら生還する=2017年4月2日、京セラドーム

 東北楽天が2本塁打などで4点差を逆転し、3年ぶりの開幕3連勝を飾った。「1番茂木は長打力があり、ペゲーロはとにかくいい打者に早く回したいので2番に置いた」。梨田監督は攻撃的打線の威力に納得顔だった。
 先発西の前に七回まで散発4安打無得点。重苦しいムードを茂木が振り払う。八回無死一塁から初球を捉え、低い弾道で左翼席に突き刺さる1号2ラン。「つなぐ意味でも逆方向を意識し、強く振ろうと打席に入った。反撃のきっかけがつくれて良かった」と茂木。2番手黒木から銀次が1点差に迫る適時打を放つと、流れは東北楽天に傾いた。
 クライマックスは九回に訪れた。2死二塁でペゲーロが守護神平野の甘いフォークボールを強振。勝ち越し2ランを放った2日前を再現するように、バックスクリーン上段へ運んだ。3試合で打率5割8分3厘、早くも2度目のお立ち台に上がり、「とにかく打席では忍耐強く、甘い球を待つことだけを意識している」と満面の笑みを浮かべた。
 梨田監督は「3連勝は簡単にできないと思っていたが、開幕投手(岸)と2戦目の先発(安楽)がいなくなった中で、よく奮起してくれた」と野手陣をたたえる。最高の形で4日、強敵ソフトバンクとのホーム開幕戦に臨む。(浦響子)

最新写真特集

記事データベース

企画特集

先頭に戻る