<楽天>森カットボール手応え 古川好救援

2017年03月13日

1枚目/5枚中

【東北楽天2-0日本ハム】5回無失点と好投した東北楽天の先発森=2017年3月12日、倉敷

 オープン戦初勝利の東北楽天をけん引したのが、1軍残留の正念場にある森雄大、古川侑利の若武者2人だった。森は5回、古川は3回を無失点でしのぎ、与田剛投手コーチは「2人とも成長してきている」と目を細めた。岸孝之、則本昂大、安楽智大、釜田佳直と先発枠が固まり始めた中、残り2枠へ滑り込みたい左腕森がまず先発マウンドで粘りの投球をした。
 先頭から2連続四球を出し、独り相撲になりかけた一回無死一、二塁が見せ場だった。左打者近藤に対し、得意球のスライダーを改良する形で3日前から試していた新球カットボールを駆使した。外角に逃げるこの球で近藤健介を左邪飛に打ち取ると、調子を取り戻して後続を断った。その後、五回以外は得点圏に走者を許さず「新球の感覚を磨き、得意な球にしたい」と手応えを口にした。
 代わった右腕の古川は六~八回、いずれも走者を許しながら踏ん張った。特に六回は2死から振り逃げで出塁され、気落ちしそうな場面でも、続く森山を空振り三振に仕留める好救援だった。チームを勢いづける若手として期待され、対外試合でチャンスをもらってきた両投手。開幕が近づくにつれ、場数が限られてくることは承知している。試合後の2人は「与えられた登板機会に結果を残し、1軍に残る」と必死さをにじませた。(金野正之)

最新写真特集

記事データベース

企画特集

先頭に戻る