<楽天>藤平プロ相手初登板 2回1失点3K

2017年03月09日

1枚目/3枚中

春季教育リーグ巨人戦に先発した東北楽天の藤平投手=2017年3月8日、川崎市のジャイアンツ球場

 東北楽天のドラフト1位新人、藤平尚真投手(神奈川・横浜高)が8日、川崎市のジャイアンツ球場であったイースタン・リーグ春季教育リーグの巨人戦に先発した。初めてプロを相手にし、2回1安打1失点で3三振を奪った。「直球で押し切れた。自信になる」と振り返った。試合は0-2で敗れた。
 一回は三者凡退。亀井にはこの日の最速146キロ直球で外角低めを突き、見逃し三振に仕留めた。例年この時期は140キロ台に届かないと言い、「練習の成果が出た」と喜んだ。
 二回はプロの力を体感した。先頭中井に左翼線二塁打を浴び、連続三振で2死後、脇谷にカウント2-2から2球続けてバッテリーエラー(捕逸と暴投)を犯し失点した。球数は計45球とかさみ「高校生なら空振りする変化球を見極められたり、ファウルにされたりした」としみじみ語った。
 フォームは横浜高時代と違い、振りかぶって投げた。グラブを上げる時、体を前後に揺らす姿は今季加入した岸をほうふつとさせた。「意識したわけではないが、久米島キャンプで見てうまくリズムをつくっていた」。先輩の良いところを短期間でものにした。
 「誰が相手でも怖がらずに向かっていくスタイルは曲げない」と頼もしい18歳。首脳陣は今後も50~60球と球数を制限し、中6日程度で実戦を重ねる方針だ。小山2軍投手コーチは「自分の頭で考えられる。さすがだなと感じる。大事に大きく育てたい」と話した。(佐藤理史)

最新写真特集

記事データベース

企画特集

先頭に戻る