<仙台空襲>焦土のまち…助け合い再生へ

2015年07月02日

1枚目/47枚中

<仙台空襲>1945年(昭和20年)7月10日午前0時ごろから約2時間にわたり、米軍機「B29」123機が仙台市中心部を爆撃した。焼夷弾など1万1000発を投下し、約500haが焼失した。死者1066人、負傷者1689人、仙台市民の23%に当たる5万7321人が被災した=1945年(昭和20年)7月11日の河北新報

最新写真特集

記事データベース

企画特集

先頭に戻る